【しるくわ日記】No.20 大分県の 養蚕の歴史 12

2018年05月30日

シルクワームのサンライズがある九州大分県の養蚕の歴史です。

九州 大分県の養蚕の歴史 シルクワーム 卸 販売 翌日 お届け

大分県の 養蚕の歴史12 昭和初期

大分県の昭和初期の養蚕。


昭和初期の養蚕業組合

明治時代より試行錯誤を繰り返してきた養蚕業の組合組織ですが、昭和6年に蚕糸業組合法制定によって形が整えられて行きます。

町村部落は、養蚕実行組合に

都市部では、養蚕業組合に(養蚕同業法による)

県の規模では、養蚕同業組合連合会へと改組されました。

そして、製糸資本の取引には「特約組合」が登場する事となります。

昭和初期の養蚕風景

昭和初期の養蚕風景

大分県下の養蚕業組合(昭和初期)

  • 西国東郡養蚕業組合 〃 組合長 成重四六
  • 東国東郡(現国東市) 〃 組合長 小山田精一
  • 速水郡 〃 組合長 竹内勢平
  • 大分郡(現大分市) 〃 組合長 工藤幸人
  • 北海部郡(現臼杵市・津久見市) 〃 組合長 仲野時太郎
  • 南海部郡(現佐伯市) 〃 組合長 広瀬貞吉
  • 大野郡(現豊後大野市) 〃 組合長 波多野政男
  • 直入郡(現竹田市)〃 組合長 阿南虎馬
  • 玖珠郡 〃 組合長 乙津直紀
  • 日田郡(現日田市)  〃 組合長 首藤今四郎
  • 下毛郡(現中津市)  〃 組合長 芝原恵津蔵
  • 宇佐郡(現宇佐市)  〃 組合長 屋形宮二
  • 大分市  〃 組合長 首藤幸夫

昭和初期の大分に関する写真

↓クリックで画像を拡大できます

あ

昭和37年まで使われていた県庁舎

あ

昭和4年に別府遊園(現ラクテンチ)がオープン


【しるくわ日記】養蚕の歴史シリーズ 目次

竹田市の養蚕の歴史1 古代 豊後風土記 直桑村

竹田市の養蚕の歴史2 万治年間(1658~1660)岡藩に養蚕業興る

竹田市の養蚕の歴史3 天保年間(1830年から1844年頃)養蚕の復興

竹田市の養蚕の歴史4 文久年間(1861年から1864年)馬淵小源次と水力製糸

竹田市の養蚕の歴史5 天保・文久~明治の養蚕業の発展

江戸時代

大分県の 養蚕の歴史1

大分県の 養蚕の歴史2

明治時代

大分県の 養蚕の歴史3

大分県の 養蚕の歴史4

大分県の 養蚕の歴史5

大分県の 養蚕の歴史6

大分県の 養蚕の歴史7

大正時代

大分県の 養蚕の歴史8

大分県の 養蚕の歴史9

大分県の 養蚕の歴史10

大分県の 養蚕の歴史11

昭和初期

大分県の 養蚕の歴史12

連載予定

 大分県の養蚕の歴史 現代


シルクワームの卸・仕入れなら養蚕・卸売のサンライズ

シルクワームの卸・仕入れなら養蚕・卸売のサンライズ
http://silkworm.jp/contact/

商品について シルクワームの卸・仕入れなら養蚕・卸売のサンライズ
http://silkworm.jp/commodity/