【しるくわ日記】No.16 大分県の 養蚕の歴史 8

2017年12月27日

シルクワームのサンライズがある九州大分県の養蚕の歴史です。

九州 大分県の養蚕の歴史 シルクワーム 卸 販売 翌日 お届け

大分県の 養蚕の歴史8 明治時代

大分県の明治時代の養蚕。


大分県の養蚕・製糸業発達を促した養蚕業組合の沿革

江戸時代から、明治、大正へと発展を続けた大分県の養蚕・製糸業。その発展を促した奉公蚕業組合(養蚕業組合)の規約を一部掲載します。

奉公蚕業組合 規約

第一条:本組合は、組合員共同一致以て養蚕上の改良発達を計るを目的とす

第二条:本組合は、何郡何村何々奉公奉公産業組合と称す

第三条:本組合は、何郡何村字何区域内に於ける養蚕家を以て組織す

第四条:本組合に組長一名相談役五名を置き任期ハ二カ年とす

第五条:組長及相談役は組合員の互選とす 組長は組合を総理し相談役は組長の協議に与かり又は組合業務を監督するものとす

第六条:組合員の飼育する蚕種は枠製とし其の種類は組合委員全部一種類に限るものとす

第七条:組合員の要する蚕種、蚕具、消毒機械消毒薬品、桑苗、肥料及び其他必要の物品は共同購入をなすものとす

第八条:蚕種は、共同貯蔵、共同催青、共同掃立をなし且つ稚蚕中は共同飼育をなすものとす

第九条:組合員は養蚕前に於いて必ず蚕室蚕具を清潔に洗浄掃除し且つ完全なる消毒を行うものとす

第十条:前条の清潔及消毒は施行の際組長又は相談役の検査を受くるものとす

以降、二十四条まであったそうです。


【しるくわ日記】養蚕の歴史シリーズ 目次

竹田市の養蚕の歴史1 古代 豊後風土記 直桑村

竹田市の養蚕の歴史2 万治年間(1658~1660)岡藩に養蚕業興る

竹田市の養蚕の歴史3 天保年間(1830年から1844年頃)養蚕の復興

竹田市の養蚕の歴史4 文久年間(1861年から1864年)馬淵小源次と水力製糸

竹田市の養蚕の歴史5 天保・文久~明治の養蚕業の発展

江戸時代

大分県の 養蚕の歴史1

大分県の 養蚕の歴史2

明治時代

大分県の 養蚕の歴史3

大分県の 養蚕の歴史4

大分県の 養蚕の歴史5

大分県の 養蚕の歴史7

大分県の 養蚕の歴史8

連載予定

 大分県の養蚕の歴史 大正時代

 大分県の養蚕の歴史 昭和時代

 大分県の養蚕の歴史 現代


シルクワームの卸・仕入れなら養蚕・卸売のサンライズ

シルクワームの卸・仕入れなら養蚕・卸売のサンライズ
http://silkworm.jp/contact/

商品について シルクワームの卸・仕入れなら養蚕・卸売のサンライズ
http://silkworm.jp/commodity/